PHOTOSKI

Sep 12, 2012

9.手ブレについて

どうもボクです

今回は手ブレについてのお話です

最近はコンデジなどの手ブレ防止機能とかよく見ますが
どんくらい止まるのでしょうか


被写体ブレは時にはアジになる気もします



手ブレはあまり好きではないです


ピントと同じで

プリントサイズやモニター上の画像サイズが小さければそこまで気にならなくても

大きく引き伸ばしたり

モニターで拡大すると気になってきます


という事で今回は手ブレ防止の策についてです


まず

一番の防止策は三脚です

持ち運びが大変ですが重心がしっかりしたものが良いとは思いが

携帯性と機能性のバランスを考えて自分に合ったものを選びましょう



次は

一脚でしょうか

これも三脚同様

携帯性と機能性のバランスを考えて選びましょう



三脚も一脚もなかなか普段持ちは億劫という方は

手持ち撮影

足を広げ重心を意識し

脇をしめカメラを安定させます

肘をつけるものが近くにあれば肘をついたり

低いアングルであれば片膝

足の裏を地面に付けたり

壁に寄りかかり体を安定させるのもいいでしょう


一般的に手持ちの場合は

レンズの焦点距離分の1以上のシャッタースピードを使うとブレない

と言われますね

例・50mmなら1/50以上のSS


また

アングルの幅が限られますが

どこかに置いてセルフタイマーもいいかもしれません


2秒のセルフタイマーってのがあるので

セルフの準備して

2秒後のシャッターに備えて

めちゃくちゃ静止するとか



あとは・・・

レリーズとか

たまに手のひらに置いてレリーズでシャッターを切ることもありますが

意外と安定してます

結構個人差が出そうなやり方なので保証はゼロです

こんな風にしてる人もいるってくらいに思っておいてください


それでは

20.コ:Labo撮影風景ムービー 20.コ:Labo撮影風景ムービー

19.新しいコ:Labo撮影風景ムービー 19.新しいコ:Labo撮影風景ムービー

18.iPhone撮影の際の手ブレ防止 18.iPhone撮影の際の手ブレ防止

17.コ:Labo撮影風景ムービー徐々に増えてますのご報告 17.コ:Labo撮影風景ムービー徐々に増えてますのご報告

16.「コ:Laboのコーデの撮影ってどんな感じなの?」っていうのに答える回 16.「コ:Laboのコーデの撮影ってどんな感じなの?」っていうのに答える回

15.人物撮影をよく見せるカメラ位置 15.人物撮影をよく見せるカメラ位置

14.画角の違いによる表現 14.画角の違いによる表現

13.空間の使い方と被写体の向きの関係 13.空間の使い方と被写体の向きの関係

12.人物撮影においてのピント 12.人物撮影においてのピント

11.安定して写真が撮れる構え方 11.安定して写真が撮れる構え方

10.背景のぼけ具合でここまで違う!!! 10.背景のぼけ具合でここまで違う!!!

9.手ブレについて 9.手ブレについて

8.光の質について 8.光の質について

7.光の方向を意識して撮影をしてみよう 7.光の方向を意識して撮影をしてみよう

6.露出で失敗しないためには? 6.露出で失敗しないためには?

5.被写界深度を理解してボケ表現を使おう 5.被写界深度を理解してボケ表現を使おう

4.シャッタースピードを操ろう 4.シャッタースピードを操ろう

3.露出値を理解してどんな場面でも思い通りの写真を撮ろう 3.露出値を理解してどんな場面でも思い通りの写真を撮ろう

2.写真撮影の3大要素 ~絞り~ 2.写真撮影の3大要素 ~絞り~

1.写真撮影の3大要素 ~シャッタースピード~ 1.写真撮影の3大要素 ~シャッタースピード~

のカテゴリーアーカイブ

のアーカイブ一覧