PHOTOSKI

Jul 11, 2012

1.写真撮影の3大要素 ~シャッタースピード~

こんにちわ

PHOTOSKIの中の人です


今日からそれなりのペースで更新をしていきたいと思います


まずは

写真撮影の3大要素と題してお話をしてみます

第1回はシャッタースピードです


シャッタースピードとは文字通り

シャッターが閉じるスピード

つまりはシャッターの開いている時間のことです


これに尽きるのですが

このままではあまりにひどい内容なので

もう少し

「ぽく」説明します



シャッタースピードは

センサー部に光を当てる時間を調整します

値は、1/2000、1/500、1/125、1/30などで

受光部(センサー)に光をあてる時間を表しています

1/2000では、2000分の1秒=0.0005秒間シャッターを開くことになります

この時間が短いほどシャッタースピードが速い

長いほどシャッタースピードが遅いと言います


さて

この時間が何に影響するかといいますと他の2大要素(次回からの内容になりますね)との絡みもあるのですが

長いほど・・・明るい写真になり 被写体(人など動くもの)ブレ・手振れが起きます

単純にその逆で

短いほど・・・暗い写真になり 動く被写体を止め、手振れが起きません


以上がシャッタースピードの特性です


簡単に説明をしましたがなんとなく伝わりましたでしょうか



さて次回のPHOTOSKIは~

写真撮影の3大要素 ~絞り~

の1本をお送りいたします



じゃんけんはしませんが

また次回





20.コ:Labo撮影風景ムービー 20.コ:Labo撮影風景ムービー

19.新しいコ:Labo撮影風景ムービー 19.新しいコ:Labo撮影風景ムービー

18.iPhone撮影の際の手ブレ防止 18.iPhone撮影の際の手ブレ防止

17.コ:Labo撮影風景ムービー徐々に増えてますのご報告 17.コ:Labo撮影風景ムービー徐々に増えてますのご報告

16.「コ:Laboのコーデの撮影ってどんな感じなの?」っていうのに答える回 16.「コ:Laboのコーデの撮影ってどんな感じなの?」っていうのに答える回

15.人物撮影をよく見せるカメラ位置 15.人物撮影をよく見せるカメラ位置

14.画角の違いによる表現 14.画角の違いによる表現

13.空間の使い方と被写体の向きの関係 13.空間の使い方と被写体の向きの関係

12.人物撮影においてのピント 12.人物撮影においてのピント

11.安定して写真が撮れる構え方 11.安定して写真が撮れる構え方

10.背景のぼけ具合でここまで違う!!! 10.背景のぼけ具合でここまで違う!!!

9.手ブレについて 9.手ブレについて

8.光の質について 8.光の質について

7.光の方向を意識して撮影をしてみよう 7.光の方向を意識して撮影をしてみよう

6.露出で失敗しないためには? 6.露出で失敗しないためには?

5.被写界深度を理解してボケ表現を使おう 5.被写界深度を理解してボケ表現を使おう

4.シャッタースピードを操ろう 4.シャッタースピードを操ろう

3.露出値を理解してどんな場面でも思い通りの写真を撮ろう 3.露出値を理解してどんな場面でも思い通りの写真を撮ろう

2.写真撮影の3大要素 ~絞り~ 2.写真撮影の3大要素 ~絞り~

1.写真撮影の3大要素 ~シャッタースピード~ 1.写真撮影の3大要素 ~シャッタースピード~

のカテゴリーアーカイブ

のアーカイブ一覧