SPECIAL

muradpitt(ムラッドピット)

muradpitt(ムラッドピット)・・・フリーの音楽プロデューサー・ディレクター。数々のバンドやアーティストの制作に携わり、多くの楽曲を世に送り出している。自身もバンド「ザ・ぴんぽいんつ」のベーシストとして活動。

ザ・ぴんぽいんつ・・・2011年結成。"やりたいことしかやんない"をモットーにインパクトしかないヤリ散し系ROCKを炸裂させる身勝手バンド。てきとーに都内を暴走中!!

――簡単な自己紹介というか経歴などをお願いします。

muradpitt(ムラッドピット)です。フリーの音楽プロデューサー、ディレクターという形ですね。それとは別で、バンドもやっていたりします。
経歴としては、元々、音楽という部分で言うとタワーレコードがスタートですね。九州の地方でアルバイトからでしたけど。そっから、タワーレコードのバイヤー、CDの買い付けですね。洋楽メインのバイヤーをしまして、その後店舗のマネージメントをしました、九州で新店舗の立ち上げとか。
それと並行して「Dashing Straight」というバンドをしてました。そのバンドがライブやリリースツアーなどもあり、"アーティスト"というものが夢でもあったのでタワーレコードを辞めることにしました。
その後が、バンドの活動休止に伴って「音楽の仕事をしたい」というのがあったので、レコード会社の求人に応募してレコード会社に入社するんですけど、最初は営業・宣伝でしたね。そこから、ロックのリリースモノをやるということで、制作に移り、バンド・メインで制作をしてました。そこが制作としてのキャリアのスタートでしたね。
(――制作側として、今までどのようなバンドに携わってきましたか?)
色々やらせていただいてて、まずは「MASTERLINK」。Daishi Danceさん、☆Taku Takahashiさん(m-flo)、OSAWA SHINICHIさんらにREMIXを依頼したり、アニメ界の巨匠、森本晃司監督へPV制作を依頼したり、結構楽しませてもらいましたね(笑)。
その他「Jeepta」や「LOST WEEKENDER」、「IVORY7 CHORD」を手がけました。他にも色々あるんですけどね。で、そのレコード会社を辞めて、今に至るという感じですね。
(――出てくる名前がすごいですね。(笑)IVORY7 CHORDと言うのは・・・)
WRONG SCALE、UNCHAINなどのバンド・メンバーが集まった、かなりのスーパー・バンドですね(笑)。



――muradpittさんはザ・ぴんぽいんつというバンドでも活躍なさってますが、制作者とプレイヤーとでは、何かご自身の違いを感じてらっしゃいますか?

そうですね、サポートする側とフロントでプレイする側という事で、完全に表と裏ですよね。
制作側の時には、自分が出るなんてことは全く意識しないですし。表に立つと、自分自身が動いてお客さんにどれだけリーチできるかみたいな。お客さんにって言っても、お客さんを意識してるようなバンドではないんですけどね(笑)。なので、割と好きにやるというか、本能のままにやれるモノと、抑制しながらきっちり作り上げてくモノっていう差はあるでしょうね。
(――プロデューサ―としてのノウハウの様なものがバンド活動に活きたりすることはありますか?)
それが、意外と。。。いざ人前に立っちゃうと見えないんですよ。次元が違うんですよ。自分のことを客観視するって言うのはすごく難しいことで、俺は自分を客観視するっていうのはできないので。それが故に、自分のディレクター・プロデューサーっていう仕事がどれだけ重要か、それは感じますね。逆に、それを感じられるのは強みではあると思います。
(――ご自身がやられてるプロデューサーのような人がバンドにいたらいいなくらいに思いますか?)
そうですね、思いますね。たぶん、自分のことを自分でプロデュースすることは無いと思います。たぶんつまんなくなっちゃう。自分を捉えきれてないので、非常に利己的なプロデュースになって、つまらなくなる可能性が高いですよね。セルフ・プロデュースはわかんないですね。

murad_sub01.jpg

――muradpittさんが活躍をするバンド「ザ・ぴんぽいんつ」についてお聞かせください。結成はいつごろで、そのきっかけは?出来れば、簡単なメンバー紹介も兼ねてお話いただけますでしょうか。

結成は2010年年末なので、ほぼ2011年からですね。
僕がプロデュースしてた「LOST WEEKENDER」のG&Voのマツダコウスケと「アーティストとしてなんか一緒にやろうか!」って盛り上がって。
で、 そのLostのツアーで知り合ってた元「モーターパーカー」っていう鹿児島のバンドにいたツネを誘いました。ツアー中に彼のギターを見た時に衝撃を受け て、「こいつはやばいぞ」って(笑)。ちょうどその時に、モーターパーカーが活動解散かっていう時で「お前、東京来い!」と「一緒になんかやるぞ」と 「チャンスいっぱいあるから」って(笑)。
あとは、俺がレコード会社の時に店頭販売とかで出入りしてたレコ店スタッフのあずにゃん。その時からドラム叩いてるって聞いてたので。アイドルのサポートでライブをやっているのを見に行って、よくわかんないなーと思いながら即決で(笑)。ぴんぽいんつのフロントは絶対濃くなると思ったので(笑)、女の子ドラムがハマると思ったんです。女の子のドラムっていうイメージはすごくあったので、お願いして入ってもらって。



――【ザ・ぴんぽいんつ】の曲は、とても自由というか曲によって「本当に同じバンドの曲?」というくらい、バリエーションに富んでいる気がします。けれど、やっぱり全曲「ザ・ぴんぽいんつ」の曲だって感じです。バンドの作曲はどのようにされているのでしょうか?
また、【"やりたいことしかやんない"をモットーにインパクトしかないヤリ散し系ROCKを炸裂させる身勝手バンド】ということですがコンセプトなどありましたらお聞かせください。


コンセプトと言うか、ぴんぽいんつのルールは「ルールを作らない」ってことだけで、それだけはメンバーと共有してますね。
曲は自宅では誰もあまり作ってこないですね。ほとんどスタジオです。コード進行のネタだったりは、ツネ、コウスケ、俺だったりがスタジオに持ち込んで「さあ、これどうしよう」って始まるっていう。もちろん、ゼロベースもあります。ただ、生まれる場所はリハスタ意外ないですね。リハスタでもライブの練習はそんなにやってなく、曲作りがほとんどですね。歌詞は曲の後です。曲が結構バラエティ感あるので、歌詞が先にあってもなかなかハマらないんじゃないかな。各自持ち込んだ曲もどんどん曲は様変わりしていきますしね。ある種セッションですよね。セッションで曲作ってんじゃないかな。
(――3人でネタを持ち込んで、衝突したりとかは?常に尊重するのですか?)
ルールを決めないのがルールだから(笑)。そこで、1番いいのは、誰も否定しないとこです。どんなジャンルのネタ持ってきても、ぴんぽいんつの音になるのをみんなわかってるから。この前も打ちこみでアイドルっぽい曲作ってみて、ぴんぽいんつに落とし込んだらどうなるかっていう実験的な。実験的って言うか、ぴんぽいんつでは普通なことかな。音として"ロック"という芯がみんなあるから。落とし込むものは全然違ったりしてもOKなんです。



――精力的にライブ活動も行われてますが、ライブで意識していることはありますか?ライブでお客さんに見て欲しいポイントと一緒にお願いします。

本当に好きにやるっていうことですね。それがイコールお客さんに投げる行為に繋がるかなって。けど、好き勝手やって、お客さんが「あれ?曲よくね?」って。なんかガチャガチャして、ステージアクションも激しいし、結構クセあると思うんですよ。けど、曲は普遍的なキャッチ―さというか、そうゆう曲ができるようになってるんです。みんなメンバーはキャッチ―な部分は大事にしてるんじゃないかな。
それと、最終的には曲で持っていきたいですね。キャラとかライブ感がいいとかじゃなくて、最後は曲がちゃんと残ってるっていうか。ちゃんと聴かせたいから。どれだけ、ツネとかギターが遊んでも、ドラムを含めリズムキープは大事ですね。曲の基幹はブレない様に、ただ地味になんないように。バランスが難しいですけどね。

murad_sub02.jpg
――近々、レコーディングの予定があると聞いてますが次の音源の発売はいつ頃になりそうですか?
今月末くらいから、レコーディングは始めようとしてます。リリースはどうなるかわかんないですけど。



――レーベルとかはどうなるんですか?

僕がはじめた【muradpitt records】というのがあるんですけど、新しいあり方と言うか、ある種の一大実験場にしたいんですよね。何か新しい感じにやりたくて。リリースして、宣伝してっていうロジックを辿っちゃうんじゃなくて、既存の方式とは別で色々やりたいですね。ただ、これをかっこつけて言えるようなやり方とかにはまだ結びついてないですし、こうやってただ言っててもね、言ってるだけの単なるアンチな意見で留まりたくないですしね。ちゃんと形になるようアクションはしていきたいなと。なんにせよ、モノづくりってそこは何も変わらないので、レコーディングするっていう行為は必要ですからね。新曲も結構沢山できてます よ。



――最後に、コ:Laboのインタビューでの定番になりつつある質問ですが、muradpittさんにとって「表現」とは何でしょうか?

こんな言い方していいのかな。。。マスターベーションだと思うんですよ、完全に。マスターベーションであるべきだと思うんですよ。わざわざ、ステージで楽器持って照明浴びて演奏して(笑)、無くてもいいじゃないですかそんなの(笑)。それをなぜか全力で人に見せようとする、伝えようとする、その足掻きが美しい。そう思ってます。だから、全力でマスターベーションであってほしい。色んな業界に色んなクリエーターさんがいるけどマスターベーションが無くなっちゃったら、つまんないモノが世の中に溢れちゃうと思う。人にマスターベーションみせてね、半笑いでもいいし、怒りでもいいし、共感でもいいし、みた人たちから何かしらの感情が溢れ出た時がゼロが1になった瞬間かなと。その人の感情が動いてるんですよね。何も動かなければ、それはゼロのままなんです。その感情が動いた瞬間が点だと思うんですよね、そんな点が日本・世界各地で沢山できて、その点たちが作る色が明るければ明るい世の中になるだろうし。表現者としてはその中の点の1個だといいなと思います、何色になるか分からないけど。その色を発生させている1人でいたいというか。その点たちがぐちゃぐちゃに混ざり合ったのが文化だとも思いますしね。


オフィシャルWEBサイト










写真:市川智也

のアーカイブ一覧

CREATOR

<一覧へ

PHOTOSKI 写真×日常
COORDINATE
SPECIAL
SPECIAL
SERIES

<一覧へ

SOCIAL